サクラ咲け!!41歳、妊活リスタート。

稽留流産からの再出発妊活日記。

感涙。うるっときた先生のこのひと言。

f:id:sanchan22:20160726224720j:plain

「エストラーナテープ、わかる?貼ったことある??」ガーン( ̄◇ ̄;)、懐かしくて抱きついたろか、と思った婦長さんなのにー。ワタシ、すっかり忘れられちゃった??エストラーナテープ4枚いっぺんに剥がれて、呆れられた、この顔ですよ!!

sanchan22.hatenablog.com

卒業したはずなのに、約3ヶ月ぶりに復学してしまった不妊治療クリニック。看護師さんたちも「残念でしたね」とか言ってくれるのかと思ったら、それは大いなる妄想。そうね、看護師さんたちの仕事って次から次へと流作業的で、ゆっくり話すことないものね、これが現実だわ。
それに引き換え、先生はやっぱり違う。ワタシを覚えてる!って、そりゃ、当たり前か、笑。産院で診てもらってた先生をご存知らしく、流産のことは、その先生からの連絡で知ったって教えてくれた。それからその産院の先生の話を少しした。「良い先生だったけど、何しろ初日に稽留流産が発覚してしまったので…」とうつむく私に先生はこう言った。「大丈夫、必ず送り返すから」って。
医師と患者だって、所詮、人間のことだから、やっぱり、人によって合う合わないってあると思う。有名なクリニックじゃないけど、私はこの先生で良かった。改めてそう思えた。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村